高く売りたい方【仲介売却】

  • HOME > 
  • 高く売りたい方【仲介売却】

menu仲介売却の基礎知識

「大切なマイホームを売るのだから、できるだけ高く売却したい」
「時間には余裕があるから、納得のいく不動産売却にしたい」
「焦って本来の価値以下の売却額になるのだけ避けたい」

不動産の売却に際し、こうしたご要望をお持ちの方には「仲介売却」がおすすめです。
市場相場に近い売却価格が期待できるため、満足度の高い不動産売却が実現できる傾向にあります。
こちらでは、柏新不動産が仲介売却の基礎知識をご紹介します。

価格重視なら仲介売却

価格重視なら仲介売却

仲介売却とは、売主様(お客様)と買主様との間に不動産会社が入り(仲介)、不動産売却に関わるさまざまなサポートを行う不動産売却方法です。広く一般的に用いられている手法であり、市場相場に近い売却価格になりやすい点が人気の理由です。

お客様から依頼を受けた不動産会社は、物件をご希望条件にそった形で売却するためのプランを立案します。その後、媒介契約を結んだ上で業務を開始。まずはインターネットポータルサイトへの物件情報登録やチラシの折込やポスティング、オープンハウスの開催を行います。こうした活動によって購入希望者様が見つかると、そこから売却条件の交渉がお客様に代わり実施。話がまとまった後は、売買契約の締結や物件のお引き渡しのサポートも行います。

なお、無事に不動産の売買契約が締結された場合、仲介手数料という成功報酬が不動産会社に対して発生します。これが仲介売却における主な費用です。

仲介売却のメリットは売却価格の高さ

仲介売却が選ばれる理由として、売却価格の高さがあります。不動産売却には大きく、仲介売却と不動産買取の2種類があります。このうち、不動産買取は不動産会社が直接お客様から物件を買い取る方法です。売却期間が短くなりますが、転売にかかる費用を差し引く必要があるため、どうしても市場相場よりも低い買取価格となってしまいます。

一方、仲介売却は多くの場合、個人に対してお客様が不動産を売却する方法です。売出価格についてもご自身で自由に決定できるため、その条件で売買が成立すれば、ご希望どおりの売却額を得られます。ご自身の家を少しでも高く売りたいとお考えの方におすすめの方法です。

仲介売却の注意点

売却価格の高さが魅力の仲介売却ですが、利用する際には注意も必要です。上述のとおり、仲介売却はお客様と個人とのお取引になります。そのため、「家を買いたい」と考える購入希望者様が現れなくては売買自体が成立しません。

もちろん、不動産会社は販売活動によって幅広く購入希望者様を募ります。しかし、たとえば市場相場より明らかに高い売出価格の物件というのは敬遠されがちです。そのせいで、予定の売却期日までに売買契約がまとまらないケースも……大切なのは、ご自身の希望額ばかりを優先するのではなく、あくまでも市場相場を確認しながら"売れる価格"を提示することです。

STEPで分かる!仲介売却の流れ

Step01

不動産会社に相談・査定依頼

不動産の売却をお考えの場合は、まずは不動産会社に相談しましょう(お電話やメールでも構いません)。
この際、必ずしも「仲介売却をしたい」と意思を決める必要がありません。
「自宅を売りたいのですが、どのような方法が最適ですか?」といった大まかなご相談で結構です。

また、相談後にはぜひ不動産の査定を依頼しましょう。プロの目でご自宅の価値を調査してもらうことで、実際に売却した際に得られる代金の概算を把握できます。

Step02

媒介契約の締結

不動産会社が「仲介売却が最適です」と提案してきたら、査定額や予定する販売活動の内容、仲介手数料といった条件を合わせて確認してください。
もしも不明な点や疑問が残るようなら、このタイミングでしっかり質問・確認しましょう。
その上で、すべての条件に納得できるようなら、媒介契約の締結に進みます。なお、媒介契約にはいくつかの種類が存在します。
それぞれのメリット・デメリットについてはこちらをご確認ください。

Step03

販売活動の開始

媒介契約が締結された後は、いよいよ販売活動がスタートします。
媒介契約に記載された内容で不動産会社が広告を行い、全国から広く購入希望者様を募ります。なお、購入希望者様のほとんどは内覧を希望されます。
その際には、現家主であるお客様ご本人が対応しなくてはなりません。
物件のよいところをアピールできるよう、事前に室内の整理整頓・清掃を心がけましょう。

Step04

売買契約の締結

購入希望者様から不動産購入の意思が示された後は、売却価格や引き渡し時期といった条件面の交渉が行われます。
ただし、購入希望者様との対話はすべて不動産会社が代行してくれますので、お客様はご自身の意思を事前に伝えておけば問題ありません。

交渉の結果、売主様(お客様)と買主様(購入希望者様)との間で合意が取れたなら、不動産の売買契約締結へと進みます。
この際も、書類の作成や説明といった面で不動産会社がサポートを行ってくれます。また、契約締結の際には「手付金」と呼ばれる前金が買主様から売主様へ支払われるのが一般的です。

Step05

引っ越し・精算・引き渡し

不動産の引き渡し日が確定したら、その期日までに引っ越しを済ませます。
当日には精算が行われ、それと交換する形で不動産の鍵を引き渡します。以上で仲介売却完了です。

仲介売却における媒介契約

ここまでのご説明でも何度か登場した「媒介契約」。
これは、宅地建物取引業法で定められた、仲介売却に関わる契約のことです。仲介売却を行う際は、お客様と不動産会社との間で必ず取り交わす必要があります。
なお、媒介契約はルールであるのはもとより、実際には仲介に関わるトラブルを防止する役割も持ちます。依頼先や売却額、期間、販売活動の内容、仲介手数料額と支払いタイミングが細かく明記され、それを書面で交付することが双方の認識一致に役立つのです。

媒介契約の種類

媒介契約には3つの種類があります。それぞれに異なる特徴・重なる部分がありますので、分かりやすいよう以下の表にまとめました。

※表は左右にスクロールして確認することができます。

  専属専任媒介契約 専任媒介契約 一般媒介契約
複数社への依頼 × ×
自己発見取引 ※ ×
不動産会社の義務
  • レインズへの登録
  • 1週間に1回以上の業務報告
  • レインズへの登録
  • 2週間に1回以上の業務報告
レインズへの登録と業務報告は任意

※売主様が直接買主様を見つけ、不動産の売買契約を結ぶこと

この表だけを見ると、複数社への依頼や自己発見取引が可能な「一般媒介契約」に大きなメリットがあると感じられるでしょう。しかし、複数社への依頼が可能になるということは、不動産会社にとって"他社で契約をされる可能性"を意味します。つまり、自社でコストと時間をかけて宣伝を行ったのに、その成果が報われないリスクがあるのです。その点、専属専任媒介契約や専任媒介契約は「自社のみで取引を行ってくれる」という約束があるため、不動産会社は惜しみなく販売活動に励めます。

ただし、専属専任媒介契約と専任媒介契約に「1社にしか頼めない」という縛りがある以上、不動産会社選ぶには慎重になりましょう。極論ではあるものの、仲介売却を依頼した不動産会社が真面目に販売活動をしてくれなければ、売却期間が長期化する可能性もあります。それまでの対応などを踏まえながら、信頼が置ける会社であるかどうかを確かめた上でサインをしてください。

新潟市中央区・西区周辺の
仲介売却なら柏新不動産まで

新潟市中央区・西区周辺の仲介売却なら柏新不動産まで

当社は40年にわたり、新潟市中央区・西区周辺で不動産の売買を手がけてまいりました。地域密着だからこそ持ち得る情報量やノウハウで、お客様の不動産売却をしっかりサポートいたします。お客様のお悩みや状況をお伺いし、その上で最適なプランをご提案。ベストなタイミングかつ適正価格での仲介売却を実現できるよう、全力を尽くします。不動産の仲介売却をお考えの方は、ぜひご相談ください。